年収600万円以上を稼げる薬剤師の求人に注目しよう

薬剤師11

年収600万円以上を稼げる薬剤師の求人には、製薬会社の医薬品開発や、大学病院や総合病院の病棟、特別養護老人ホームなど色々なものがあります。

また、医療や製薬などの専門性が求められる分野で薬剤師として長く経験を積んだ人や、現場内でリーダーを務めたことがある人については、転職をして年収アップを目指すことも可能です。

精神科病院の薬剤師求人は人気がない理由と求められるスキルについて

製薬会社の医薬品開発の仕事は若くして高収入を稼げることもある

製薬会社の医薬品開発の仕事に就くためには、多種多様な医薬品の効能や副作用に関する知識だけでなく、難病や特定疾患などの特徴を正しく把握する必要があります。一般的に医薬品の開発の現場では専門性が求められるため、有能な人であれば年齢にかかわらず600万円を超える高収入を稼ぐことも可能です。

最近では、大手の製薬会社をはじめとして、各地の事業所で医薬品の研究を進める目的で、国立や私立の難関大学を卒業した人や、国内外の研究機関で新薬の開発経験を持つ人を優先的に採用しているところが多く見られます。

将来的に開発の分野で力を発揮したい人は、就職後に順調にキャリアを積める環境が整っている製薬会社を探すことが肝心です。たとえば、毎年多くの研究職を採用している製薬会社においては、学生のインターンシップや実習などの受け入れをしているところが目立ちます。

そうした中、就職活動の前に志望企業の薬剤師の役割や日々の業務の内容について在学中にきちんと知っておきたい場合は、早いうちに製薬会社の担当者に連絡をすることがおすすめです。なお、研究職の年収の仕組みについては会社ごとにバラつきがあるため、求職者向けのサイトや採用試験の案内などを参考にして、基本給やボーナス、各種手当などの大事なポイントをよく確認しておきましょう。

大病院の病棟は高額な手当の支給を受けることができる

各地域の拠点となっている大病院の病棟で働く薬剤師は、医師や看護師と同じく月に数回程度の夜勤を任されることもあります。特に、都市部にある病院では、人手不足の関係で一人のスタッフの夜勤の回数が多くなる傾向が見られます。

一般的に、大病院の病棟の薬剤師の待遇は、勤続年数や業務内容、役職などによって違いがありますが、高額な夜勤手当の支給を受けられるところでは600万円以上の年収を目指すことも可能です。最近では、薬剤師の定着率を上げるために、夜勤手当の金額をさらに高くしたり、夜勤を担当した回数によって特別休暇を与えたりしている病院の数が増えています。

そこで、やりがいを感じながら大病院の病棟で働きたい人は、薬剤師を含めた医療従事者の処遇改善に積極的な病院の事情について求職活動中にきちんと把握することがおすすめです。

一回の夜勤の労働時間や残業の有無については、各病院の患者の数や病状などに大きく左右されるため、無理なく働ける職場を見つけるうえで、採用面接を受ける前に院内を見学したり、人事担当者や薬剤師のリーダーに相談をしたりすることが肝心です。

その他、夜勤手当の金額は勤務先の経営状態によって不定期に変更が行われることもあるため、できるだけ長く経営が安定している病院を就職先に選ぶことが大事です。

医療従事者の待遇が良い介護現場にも目を向けよう

薬剤師23

特別養護老人ホームをはじめとした身体障害や病気を抱える高齢者を対象とした介護施設においては、介護職員だけでなく医療従事者の確保に力を注いでいるところが少なくありません。特に、入居者の人数に対して薬剤師の不足が際立っている施設では、安定的な介護サービスを提供するため、年収600万円以上の高待遇で優秀な人材を迎えようとする動きが見られます。

たとえば、大学病院や総合病院、公立病院などの規模が大きい医療機関で調剤業務や服薬管理などの業務を担当したことがある人は、介護施設でもスキルを活かせることがあります。そのため、医療の現場にこだわらずに、介護業界にも視野を広げたい人は、早い時期から希望の勤務エリアにある特別養護老人ホームの求人の内容をチェックすることがおすすめです。

介護施設では、利用者によって意思疎通がうまく取れなかったり、決められた時間に薬を服用してもらうために時間が掛かったりすることもあります。そうした中、自信を持って薬剤師の業務をこなすには、働き始める前に高齢者の特性や主な疾患の症状について勉強したり、先輩の薬剤師に仕事上でフォローをしてもらえるところに就職したりすることが肝心です。


高収入の求人が揃っている薬剤師に人気のサイトを利用しよう

薬剤師15

600万円を超える高収入の求人が揃っている薬剤師に人気のサイトでは、実務経験が豊富な人や難易度が高い資格を持つ人はもちろん、大学を卒業して間もない人でも応募が可能な求人が掲載されることがあります。また、サイト上で求人先の担当者と選考について話ができたり、職場見学の申込ができたりすることもあるため、積極的に使い勝手が良いサイトを探してみると良いでしょう。

大手の人材紹介会社など求職中の薬剤師を対象に運営しているサイトの中には、医療業界の就職事情に精通したキャリアコンサルタントなどが無料相談に応じているところも多くあります。そこで、職場選びに悩んでいるときには、余裕を持って各サイトで相談可能なキャリアコンサルタントの経歴やサポートの実績などをきちんと把握しておきましょう。

労働条件にこだわりたい人は転職エージェントにフォローをしてもらおう

薬剤師の転職に強いエージェントの中には、年収をはじめとした労働条件にこだわりたい人を対象に、過去の実務経験や能力、保有資格などを考慮しながら求人紹介をしているところがたくさんあります。たとえば、年収600万円以上の非公開求人を扱っている転職エージェントでは、採用選考に向けて職務経歴書やエントリーシートの記載方法について専門のスタッフが分かりやすくレクチャーしたり、面接のシミュレーションをしたりしているところもあります。

そのため、転職をして少しでも収入アップを期待したい人は、各地のエージェントのウェブサイトや実際に転職を成功させた人の体験談をチェックして、様々な角度からサポートしてくれる転職エージェントを見極めることが肝心です。

薬剤師が高収入の職場で働くために大切なこと

薬剤師が年収600万円以上の待遇で働くには、様々な現場の中でも、薬剤師の専門性を高く評価しているところや、実務経験者を優遇しているところを中心に探すことがポイントです。また、年齢が若い薬剤師が高収入を得たい場合には、製薬会社における医薬品開発の研究職や、高額な夜勤手当の支給を受けられる大病院の病棟などの求人をチェックすることが大事です。